冷却により900nmまでの1光子を低ノイズで計測

1ホトンカウンティングモジュール  HQ-105-PP

900nmまでの1ホトン計測が可能

 

  HQ105-PP.pdf / 1MB

 

 

DarkCounts 

 光電子増倍管を空冷のペルチェ素子で電子冷却することで、従来は250/secあったDarkCountsを、≦20/secに落とすことに成功しました.(@温度25℃)
・空冷ペルチェ素子( 3cm×3cm×4個)を使用(24V,4.5Amp電源が必要)
・光電子増倍管の高圧電源内蔵 (高圧電源用に15V, 0.1mAmp電源が必要)
光電子増倍管の出力 BNC50Ω 負パルス (5V TTL変換には別途 増幅器必要)
・大きさ 184mm × 64mm×114mm
・光電面への入射窓  φ7mm
ペルチェ素子の冷却用のファンは、壁から5cm以上はなして装置を設置してください

電気的特性

 

 

寸法図

 

1ホトン増幅器 HQ-150

 HQ150 光電子増倍管(PM)用増幅器は、光電子増倍管からの単一光電子パルスをアンプとディスクリミネータにより、5Vのデジタル信号に変換します.   
 
 HQ150の出力端子は、BNCコネクタ(50Ω)となっており、カウンタに接続することでS/Nの良いフォトンカウンティング測定ができます.
 また、本増幅器は、PMへの高圧電源モジュール駆動の15V電源を含みます.この出力を光電子増倍管の15V端子に接続することで、PMを駆動することが可能です
.

回路

低ノイズ電源

光電子増倍管の15V電源や、1ホトンカウンティング用の増幅器などに使用する低ノイズ電源(通常のスイッチング電源を使用して、1mV以下のリップルノイズ)のご要望にお答えします。

ご要望をお知らせください。

トップへ戻る