QP-101N 微弱発光

 

波長感度が 185nm~900nmの赤外領域まで含む光電子増倍管を使用した、1光子レベルの発光・蛍光測定装置です。
電子冷却を空冷にすることで、小型化にすることが出来ました。
試料ボックスの誤開閉を防ぐための保護スイッチが取り付けてあります。

QP-101N_Datasheet.PDF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PC画面(緑葉の蛍光測定)

用途

細胞・植物からの微弱発光、蛍光測定
物質の劣化度の超感度測定
生体試料からの超微弱発光・蛍光測定
超高感度蛍光測定
活性酸素とATPの検出
化学反応の微弱発光・蛍光検出

 

 

 

 

 

 

 

空冷・電子冷却でDark Countsが20/sec以下

 

光電子増倍管を空冷のペルチェ素子で電子冷却することで、従来は 300/secあった Dark countsを、20/sec以下に落とすことに成功しました。(@温度25℃。30分経過)  
電子冷却開始から約 1~2時間で左図の値になります。

 

化学発光と光電子増倍管

 

 

 

 

 

 

仕様

波長感度 185     ~     900 nm
最大感度波長 400 nm
量子効率(ペルチェ + @25℃)     @194nm 12
@254nm 28
@400nm 23
@633nm 9
@852nm 0.6
窓材質 UV glass  
動作外気温度 20     ~      30
Dark Counts( @25℃) 20 /sec
計測時間 0.2   ,   0.5   ,   1 /sec
スタートアップ時間 30 min
対応OS Windows®  7(32/64bit),  8(32/64bit),  8.1(32/64bit)  

 

 

 

試料台

 

 

試料台は2種類あり、上部に厚さ 5mmのFilter(Φ12.5とΦ25mm)が入るようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外部寸法図

 

外形寸法図

上記本体とは別に、電源(24V、5V)が付属します。コンピュータとはUSB端子(RS232)で結合します。
上記使用以外に、特注品も承ります。
● 上記記載内容は、平成28年12月のものです。製品仕様は、改良などの為予告なく変更することがあります。
● Windows®は、米国Microsoft Corporationの米国、その他の国の登録商標です。